時計修理をしたいけど、こんな悩みありませんか?

 

  • 近くに高級時計を修理できる時計修理店がない
  • オーバーホールや修理を依頼したいが、どこに依頼すればいいのかわからない/li>
  • メーカーの見積もりが高すぎたのでもっと安く、同じクオリティで修理・オーバーホールしたい

 

ロレックスやオメガなど、高級時計を長持ちさせるためのコツ

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

ロレックスやオメガなどの高級時計は、何個も買うというよりも、1つの時計を長く大切に使う人が多いです。

 

クオーツ式であれば5〜10年、機械式時計であれば数十年は愛用できます。

 

ロレックスやオメガなどの高級時計を長持ちさせるコツは、定期的なメンテナンスをしっかりと行うこと。

 

特に、異常がない場合でも、オーバーホールと呼ばれる時計のメンテナンスを受けることで、時計の状態を維持できます。

 

定期的なメンテナンスを行えば、そのたびに悪くなった部分を修理、交換できるので、トラブルを回避できるでしょう。

 

車の定期点検と同じですね。

 

また、保管方法も大切です。

 

高級時計は精密機器になるので、丁寧に扱うことが原則となります。

 

正しい保管場所で管理をすることで、高級時計を長く愛用できますよ。

 

ロレックスやオメガなど、高級時計のオーバーホールをする理由

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

ロレックスやオメガなどの高級時計は、大切に扱えば、何十年も愛用できる精密機器です。

 

高級時計を長く大切に使うためには、オーバーホールと呼ばれる定期的なメンテナンスが必要になります。

 

オーバーホールとは、日本語でいうと「分解清掃」のこと。

 

つまり、時計を一度分解して、清掃を行う作業になります。

 

オーバーホールの作業工程は以下の通りです

 

  • 1、時計を分解して、異常箇所や交換必要箇所がないかをチェックする
  • 2、分解した状態で、それぞれのパーツを洗浄する
  • 3、パーツを組み立てて調整し、新しい潤滑油を入れる
  • 4、ゴムパッキンの交換を行う
  • 5、ベルトを調整する
  • 6、仕上げ磨きをする
  • 7、各所の点検をして完了

 

オーバーホールで、分解するパーツは100以上あると言われています。

 

オーバーホールをしないと、高級時計であっても、正確に時を刻むことができなくなります。

 

時刻がずれてしまう原因は、時計内部の潤滑油の劣化や、歯車の摩耗などがありますが、この原因を解消するために行うのが、オーバーホールなのです。

 

ロレックスやオメガなど、高級時計のオーバーホール頻度や期間は?

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

オーバーホールを行う頻度は、各時計メーカーが設定していますので、購入店やメーカーに問い合わせしてみるとよいでしょう。

 

一般的に言われている頻度としては、3〜5年です。

 

どのタイミングで行けばよいかわからない!という人は、各時計メーカーが推奨しているオーバーホールの頻度の年数+時計の時刻のズレが±30秒ほど出始めたら、オーバーホールを行うとよいでしょう。

 

時刻にズレが生じてきたということは、時計内部の潤滑油の劣化が起こっていたり、歯車同士の摩耗が進んでいたりする可能性が高いです。

 

そのままオーバーホールをせずに放っておくと、様々なパーツにダメージが出てしまう可能性も…
少しでも、何か異変を感じた場合には、メンテナンスを依頼するようにしたいですね。

 

機械式時計の針や時刻が合わなくなる原因や修理について

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

機械式時計の針や時刻が合わなくなる原因はいくつかあります。

 

それぞれの原因と修理方法をまとめてみましょう。

 

・自動巻き上げ機構のトラブル
自動巻き時計の場合、自動巻き上げ機構部分にトラブルが起こると、時計の針や時刻が合わなくなります。

 

歯車などの部品が摩耗してしまった場合には、パーツの交換やオーバーホールによる清掃を行います。

 

・緩急針がズレている

機械式時計に、強い衝撃が加わると、時計の精度を微調整している緩急針がズレてしまうことがあります。

 

緩急針がズレた場合には、専門家による調整が必要でしょう。

 

・ヒゲゼンマイトラブル

ヒゲゼンマイとは、テンプに取り付けられたパーツの一部です。

 

腕時計を落とすなどの強い衝撃があると、このヒゲゼンマイにトラブルが起こります。

 

ヒゲゼンマイの調整、パーツの交換によって、時刻の遅れや進みのズレを解消できるでしょう。

 

・油切れ、油の劣化

機械式時計には100以上のパーツがあり、それらのパーツがスムーズに動くために、専用の潤滑油が塗布されています。

 

この潤滑油がなくなったり、劣化したりすると、時刻のズレが生じることがあります。

 

変質、凝固した潤滑油を洗浄し、新しい潤滑油を補充してあげることで、改善されますよ。

 

・磁気帯びトラブル

機械式時計を磁気を発するものの近くにおいておくと、磁気の影響で精度に影響を及ぼしてしまいます。

 

専用の機器で脱磁を行えば、元の精度に戻るのでご安心を!

 

ロレックスとオメガについて

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

ロレックスやオメガはどのくらいの頻度でオーバーホールに出せばいい?

高級時計の筆頭とも言えるロレックスとオメガですが、それぞれどれくらいの頻度でオーバーホールに出せばよいのでしょうか?
それぞれまとめてみます。

 

・ロレックス

使用環境によって多少の差はあるものの、ロレックスのオーバーホールは4〜5年に1度の周期を推奨しています。

 

潤滑油やパッキンの寿命は4〜5年になるので、あまり使用していない場合でも、4〜5年に一度のオーバーホール、部品交換は必要です。

 

4〜5年経過していなくても、リューズが巻きにくい、時計の進みが早いなど不具合がある場合には、すぐにオーバーホールをするようにしましょう。

 

・オメガ

オメガでも、ロレックスと同様、オーバーホールの頻度は4〜5年がよいと、メーカー推奨されています。

 

オメガは耐久性のある高級時計として知られていますが、パーツの劣化は必ずやってくるので、定期的なオーバーホールをするようにしたいですね。

 

日本ロレックスやオメガなど、正規メーカーに依頼するメリット・デメリット

オーバーホールは正規メーカーのほか、メンテナンスを専門に行う時計修理工房などに出すこともできます。

 

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

ここでは、日本ロレックスやオメガなど正規メーカーにオーバーホールを依頼するメリット、デメリットをまとめてみましょう。

 

・正規メーカーにオーバーホールを依頼するメリット

正規メーカーにオーバーホールをしてもらえば、メーカー正規のメンテナンスが受けられるので安心感があります。

 

また、保証期間であれば何かトラブルがあった時にでも、すぐに対応してくれるでしょう。

 

メーカーでオーバーホールを依頼する場合、直接お店に持ち込む他、郵送での修理にも対応してくれますよ。

 

・正規メーカーにオーバーホールを依頼するデメリット

正規メーカーにオーバーホールを依頼すると、どうしてもオーバーホール費用は高くついてしまいます。

 

例えば、オメガのオーバーホールを依頼した場合、クロノグラフのスピードマスターで7〜8万円、シーマスターで4〜5万円はかかるでしょう。

 

高級時計の修理専門店に依頼するメリット・デメリット

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

・修理専門店にオーバーホールを依頼するメリット

修理専門店でのオーバーホールの費用は、メーカーに比べると非常に安いです。

 

お店によって値段に違いはあるものの、安くオーバーホールを済ませることができるでしょう。

 

例えば、正規メーカーでの費用が5万円程度であった場合、修理専門店に依頼すれば3万円台で対応してくれるところがほとんどです。

 

費用面で考えると、断然修理専門店がお得ですよ。

 

・修理専門店にオーバーホールを依頼するデメリット

時計の修理工房などの修理専門店に依頼した場合、設備面、部品の供給面で不安もあります。

 

また技術力を見ても、お店によって、職人さんの技術力にバラつきがある場合が多いです。

 

技術がある職人さんにオーバーホールしてもらえればよいですが、技術不足の人がメンテナンスを行った場合、不安が残ります。

 

高級時計を修理する匠がいるお店

時計修理・オーバーホール専門-時計修理の千年堂

https://www.sennendo.jp/

 

業界最安水準でハイクオリティな修理を行う
1年保証が付いているので安心(アンティークは6ケ月)
総勢100名以上の1級時計技師と提携実績がある

 

千年堂は、日本全国の1級時計技師、メーカー出身のベテラン時計技師、メーカー正規修理店と提携してきた実績がある時計修理専門店です。
時計技師・工房には得意なブランドがあるので、それぞれのブランドに精通した時計技師・工房に発注をかけていきます。
これまでに行った修理は45000件以上。
豊富な実績があるので安心感があります。

 

オーバーホールの価格は25000〜50000円前後で、無料見積もりもしてくれるので利用しやすいでしょう。

 

代金は後払いになっています。

 

オーバーホール修理に関しては、万が一に備えた1年保証もついているのもうれしいですね。
また、千年堂オリジナルの超音波洗浄とクリーニングを無料サービスしてくれるのも人気の理由の1つになっています。

 

ロレックス、オメガなど高級時計のオーバーホール・修理専門店【CIEN】

https://www.cien-watch.com/

 

メーカー修理の最大60%オフでオーバーホールできる
オーバーホールの納期が約3週間と早い
技術者の技能が高く、1年保証もついている

 

CIENの技術責任者には、元ロレックスの技術者など、メーカーの正規修理部門出身や、時計技術大学の卒業者など、時計修理のスペシャリストが揃っています。

 

オーバーホール修理にかかる時間が早いのもCIENが人気の理由の1つ。
メーカーにオーバーホールを依頼した場合、通常1〜2ケ月程度かかりますが、CIENでは最短3週間で終わるので、急いでいる方におすすめです。

 

さらに、オーバーホールにかかる費用もとっても安くてお得。
メーカー修理の最大60%オフでのオーバーホール依頼が可能です。

 

CIENでは、修理工房を備えており、時計修理に専念しているため、中間マージンがかかりません。

 

コストを削減できる分、オーバーホール修理費用を安く提供できるんです。

 

 

年間20000本以上の修理実績!時計修理専門店WATCH COMPANY

http://www.watchcompany.jp/

 

おすすめポイント1:納期の早さNO1!最短2週間で納品可能
おすすめポイント2:POWER Watchなどのメディア掲載実績が多数
おすすめポイント3:無料梱包キットを使って簡単に見積もりできる

 

納品の早い時計修理専門店をお探しの方におすすめしたいのが、WATCH COMPANYです。

 

オーバーホールを依頼するとメーカー正規であれば2〜3ケ月、一般的な時計修理専門店では約1ヶ月程度の時間がかかります。

 

WATCH COMPANYでは、最短2週間でオーバーホールをしてくれるので、他のお店に比べて圧倒的に納品が早いです。

 

これだけ納品が早いのは、ゆとりを持って作業をしているから。
作業が早くても、丁寧にオーバーホールをしてくれるので安心ですし、最終点検にはしっかり時間をかけていますよ。

 

年間受託本数は20000本を超えており、時計雑誌である「POWER Watch」では全国時計修理優良店として何度も取り上げられている実績があります。
また時計専門家からの評価も高いですよ。

 

見積もりに関してもスピーディーで原則3営業日を目安に見積もりを提示してくれます。

 

時計職人がいる時計修理工房|白金堂

https://www.tokei-syuri.jp/

 

おすすめポイント1:創業44年の歴史がある老舗の時計修理業者である
おすすめポイント2:年間の修理本数は8000本以上の多数実績がある
おすすめポイント3:LINEの簡単見積もりにも対応しており、1年保証付き

 

白金堂は創業40年以上の時計修理専門業者の老舗店になります。

 

年間の修理実績は8000本を超えており、本格派の修理業者といえるでしょう。
料金が非常に安い!というわけではないものの、仕上がりの品質の高さには定評があり、納品も早いので、コストパフォーマンスがよく、トータルバランスの取れた修理業者です。

 

また、修理にかかる料金をホームページで詳細に掲載してくれているので、明瞭会計になっていて、追加料金も発生しないので安心感がありますよ。

 

全国に対応可能で、ロレックス、オメガ、カルティエなどどんなブランドでも対応OK、無料見積もり配送もしてくれるので、利用しやすいですね。

 

オーバーホールはもちろんのこと、ベルトの調整・交換、ベルトの溶接、研磨、ガラス交換、磁気抜き、文字盤再生にも対応してくれます。

 

 

オメガのモデルについて紹介

オメガで人気のモデルをいくつかご紹介しましょう。

 

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

・スピードマスター

オメガといえば「スピードマスター」と言われるほど、王道の人気を誇っています。

 

スピードマスターはオメガのフラグシップであり、人類初の月面着陸計画に携行されたムーンウォッチでもありますね。

 

スピードマスターと一言でいっても、様々な種類が存在しますが、特人気が高いのが「スピードマスタープロフェッショナル」です。

 

こちらのスピードマスターは基幹モデル、プラスチック風防が使われているところがとてもヴィンテージっぽくて素敵。

 

こだわりの手巻き式もおしゃれですね。

 

・シーマスター

シーマスターは、スピードマスターと並ぶほどの人気を誇るオメガの人気モデルです。

 

シーマスターもバリエーションが豊富で、15000ガウス以上の超高耐磁性能を誇っています。

 

信頼性の高いオメガ社製のキャリバーを搭載しており、スポーティーでいて、ビジネスシーンでも映えるデザインが人気です。

 

ロレックスのモデルについて紹介

ロレックスで人気のモデルをご紹介しましょう。

 

高級時計の修理やオーバーホールの専門店を探す※時計職人がいるお店

 

・サブマリーナ

ロレックスの代表モデルともいえるサブマリーナは、世界初のダイバーズウォッチとして今現在も人気が高いです。

 

史上初の水深100m防水と、潜水時間を管理する回転ベゼルを備えた時計として、発売当時驚くほどの大ヒットになりました。

 

スポーツウォッチの中では、抜群の人気を誇っていますよ。

 

サブマリーナは、現行モデルでは300mまで防水性能があり、逆回転防止ベゼル、暗闇でも抜群の視認性を確保できるクロマライトなども搭載されています。

 

・コスモグラフデイトナ

デイトナはメンズロレックスの中の金字塔で、「時計の王様」と呼ばれるほどの地位を確立しています。

 

正確性の高いクロノグラフとタキメーターが刻まれたベゼルが特徴。

 

時速400qまでの平均速度の計測を可能にしているプロのためのスポーツモデルです。

 

高級時計に使われるガラスの種類と特徴や違い

高級時計に使われるガラスはいくつか種類があり、特徴や違いがありますので、まとめてみましょう。

 

・サファイヤクリスタルガラス

サファイヤクリスタルガラスは人工鉱物で、宝石のサファイアと同じ構造をしています。

 

サファイヤクリスタルガラスは、硬度が高く傷がつきにくい、加工した表面がなめらかで光透過性に優れている、熱伝導性がよい、視認性が高い
などの特徴があります。

 

高級時計の風防だけではなく、iPhoneなどのスマホやApple Watchへも導入されていますよ。

 

・ミネラルガラス

ミネラルガラスは無機ガラスとも呼ばれています。

 

一般的なガラス製品の多くはこのミネラルガラスです。

 

加工がしやすいので、安いコストで製造できるというメリットがあるものの、傷がつきやすいというデメリットも。

 

・プラスチック風防

アクリルガラスと呼ばれることもあり、プラスチックや合成樹脂で作られています。

 

軽量で加工がしやすく、割れにくいです。
また防水性も高めやすいでしょう。

 

しかし、その一方で傷がつきやすい、紫外線に当たると変色する場合があるなどのデメリットもあります。

 

機械式時計の正しい保管方法とお手入れについて

高級時計を長持ちさせるためには、保管場所に気を付けなければいけません。

 

基本的に時計は精密機械になるので、デリケートに扱うことが重要になります。

 

一番気を付けたいのが「磁気」です。

 

磁気は機械式時計にとって故障の原因となります。

 

パソコンやスマートフォン、テレビなどの電子機器は磁気を出すので、できるだけ近くに置かないようにしましょう。

 

次に「高温多湿な場所」も保管場所としてはおすすめできません。

 

温度の変化は、高級時計にとって大敵。
精密機器である時計の金属部分が、膨張したり、縮小したりしてしまうことがあるんです。

 

時計の保管場所としては、5〜35度前後の場所が最適。

 

 

また、直射日光も精密機器にはよくありませんので、直射日光が当たらない場所に保管するようにしてくださいね。

TOPへ